ディップアートの葉っぱの作り方No.1

作り方まとめ

 

さてさて
今日は
葉っぱを作ってみたよっていう話。第一弾!

 

 

なかなか写真が撮れないって事で
今まで写真が少なかったのですが
さすがに分かり辛いようで頑張って写真入れてきますm(_ _)m
と言う事で
今回は葉脈一本入れたシンプルなもの!

 

 

🔸使うもの

・ペンチ
・ニッパー
・ゲージパイプ(3cm)
・ワイヤー(#28,30)
・ディップ液(緑)(もしくはクリアのディップ液と緑のマニキュア)

🔸作り方

まず、#28ワイヤーを
3cmのゲージパイプを使って輪っかをつくり

 

根元と先端をペンチで潰します。

葉っぱの形に輪っかを広げ

 

#30ワイヤーを
葉っぱの根元に巻きつけます。

 

 

その後、まっすぐ伸ばしていき
先端部分で葉脈の方のワイヤーを一周まきつけます。


巻き終わったら巻いたところをちゃんと潰してください。
あまり潰しすぎると切れてしまうので注意です!
出来たら

飛び出ている余計なワイヤーを切り
ソリと捻りを入れて


ディップして乾かしたら
完成。

🔸まとめ

ディップして完成にしたかったのですが

思いの外
ディップ液の粘土が高すぎて失敗してしまいました。


これもこれで可愛いんですけどね。
作品にするには気に入らないというだけ。

 

 

葉脈を入れるときは
外枠より葉脈のワイヤーの太さを一つ細くすればだいたい大丈夫かな。

 

#26の外枠だったら#28の葉脈かな?
といった感じで

 

もうちょっと大きい葉っぱの場合
#26の外枠と#28の葉脈で作る場合が多いかも。

 

 

今回、真鍮ワイヤーを使ってやってみたんですが
実際にやる時は白地巻きのワイヤーの方が作りやすいです。

 

真鍮だと滑っちゃって
葉の先端を止めるときに上手くいき辛いです。

それでも真鍮ワイヤーが良いって場合は数をこなしてください。
葉っぱは葉脈を入れなくても可愛いです。
特に小さいものは入れなくても良いかなってくらいです。

 

葉脈って、一本入るだけでもちょっと変わりますよね。

 

あまりに葉脈入れすぎるのは
好きじゃないので細くはやらないんですが

葉脈の入った葉っぱ大好きです。

 

今回は一番簡単な方法で

作り方は
まだまだいっぱいあるんですよ。
なのでまたやっていきますね。
と言う事で
葉っぱの作り方第一弾でした〜。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました